カードローン審査甘い?すぐに借りれるって本当?おすすめ金融機関といえば?

最近のカードローン業界は法律改正効果やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなのでカードローン業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

カードローンの借入れ条件やデータというものはランキングサイトを利用するのが便利です。

審査の甘いカードローン業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各カードローンについておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるのでカードローンに疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンとカードローンが提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

カードローンのキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、審査の甘いカードローンの方が銀行よりも不利と言えますが、カードローンのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

審査の甘いカードローンのキャッシングと銀行カードローンにはカードローンのキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

審査の甘いカードローンのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、カードローンは貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだと審査の甘いカードローンのサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

カードローンは貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦はカードローンに借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

通常、カードローンのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

カードローンのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は審査の甘いカードローンの場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが審査の甘いカードローンのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、審査の甘いカードローンの場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

参照:http://www.cardloan-senyou.com/osusume/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%AF%A9%E6%9F%BB.html

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

審査の甘いカードローンのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と呼ばれ、どの審査の甘いカードローンでも貸し渋りが起きます。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他にも、カードローンやクレジットカードなどがあります。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保し、利益を上げています。

カードローンの金利と銀行金利を比較してみるとカードローンの金利の方が高ことが一般的です。

ただ、中にはカードローンよりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、一概にカードローンのほうが金利が高いとは言えません。

わりと簡単に借入可能と言われているのが審査の甘いカードローンですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは審査の甘いカードローン業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法改正により大口融資が不可となった審査の甘いカードローン業者の大多数は銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査に関しては圧倒的にカードローンの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業とするカードローンの方が、与信審査の専門性が高いからです。

カードローンと言うとサラ金や怖い人というものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

現在の審査の甘いカードローンには怖いイメージはないと思いますが、一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

カードローンというものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、審査の甘いカードローンレディースローンを用意しているところも多いので女性の利用者も増えています。

カードローンは銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。