ETCカードの審査ゆるいって?いつでも申し込める?

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

現在、クレジットカードを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが特典を見てサブクレジットカードを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している高速道路の地方部利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引が使えない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んでETCを使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレジットカード会社に追加で申し込みをしてもらうか新しくクレジットカードを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

自動車免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから友人からカードを借りてくる。

という話を聞きます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

なぜかというと、カードの利用規約に本人以外の利用が禁じられているからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えて名義人の口座から後日まとまった金額を引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人に対するカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

夏休みや春休みに友達と遠出を考えているならぜひ年会費無料のETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの作り方としては大きく分けて2つになります。

クレジットカード会社から発行しているクレジットカードタイプとネクスコなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレジットカードタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレジットカードを持っている場合は追加申し込みでほぼ無審査に近い状態なのに対しETCパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

高速道路を使って遠出する際に料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少し気になったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

答えを先に言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダー部分とアンテナ部分を別々に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が1箇所で済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動を防ぐためにハンドル周りに設置することになり操縦性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式は見た目が小さくなり、シート下にしまうため操作性を阻害しない反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードは発行時に補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえできれば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、通常のETCカードよりも高額な年会費が必ず発生することです。

最近ETCカードについて調べていたところ実は世間に知られていないのではないかと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードは利用可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンには入らず一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば処理してくれるので通行可能になります。

係員に手渡しで利用する場合、ETCが導入された理由として人件費削減や渋滞の解消が目的となっており手渡しでは無意味になってしまいます。

そのためクレカなどの通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

急に車載器が壊れてしまった・エラーが起きてしまった時のために覚えておきましょう。

長期休暇を利用して車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?大半の人はETCカードを利用していると思います。

参考:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると一般レーンでの現金支払い料金が3090円なのに対してETC利用では800円と2000円以上違います。

また、元のクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。

高速道路の料金所で止まらずにスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがどのくらいの人が使っているのでしょうか。

NEXCO東日本が調べた利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はweb上で追加発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレジットカード申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

トラブルが起きるタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前年会費無料のETCカードを使おうと思ったら財布の中から見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら紛失してしまったようです。

トラブル時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに連絡をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料はかかってしまいますが手続きをしてから半月かからないうちに新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

就職や転勤などを理由に大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな時に年会費や更新料が発生するETCカードを所持している方はカードの解約を考える方は多いのではないでしょうか。

クレカと両方とも解約するパターンとETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きの方法に関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日で処理完了というように手続きが完了するまで時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分を切断するように真二つにハサミを入れ、外から見えない色付きの袋などに入れた後に燃えるゴミとして処分してください。

年会費無料のETCカードを挿入しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、急なトラブルに焦ってしまうと思いますがそんな時こそ落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

もし紛失だったとしても必ず警察へ届け出をしてください。

そのあとの対応はカードの発行元によって変わりETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

事務局へ連絡できる時間は曜日が限定されているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社発行の場合は発行元のクレジットカード会社への連絡になります。

カード会社によって停止・再発行までの違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付可能のフリーダイヤルが用意されています。

ショッピングなど様々な場面で付与されるポイントですがカード会社が発行しているETCカードで高速道路を利用しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?一例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様に付与されます。

還元率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、基本的にはクレジットカード利用時に比べ付与率が減少していることが多いようです。

他にも、数は少ないですがポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった面から選ぶのもいいかもしれません。

高速道路を利用する際にETCカードを使って出口を通過する際、問題なければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

何らかの原因で出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが起きたら車載器からエラーの警告音が出ます。

ETCレーンが故障していたとしてもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも上がりません。

バーが開かなかった時のためにETCレーンでは減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後は落ち着いて行動しましょう。

バーの手前にインターホンが設置されているので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、スタッフに直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレジットカードを所持していなく銀行のキャッシュカードしか持っていないという方は基本的にはクレジットカードを作らなければなりません。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETC無線走行をするときにゲートを通過する際にデビット支払いのように銀行口座から即時引き落とす方式になっていると何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。