自分の自宅を買う事は憧れることですがその為には住宅ローン審査に通る必要があります

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
ソニー銀行の住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
また、それに加えフラット35の審査特徴としてフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。