自家発電していると災害時に役に立つって本当?

日本では現在、東日本大震災とそれに伴う原子力発電所の水素爆発による放射能汚染によって電力に関する関心が高まっています。
それは、災害時に多くの地域で停電になった時に、電気のありがたさを知ったこと、原子力発電所の運転停止により電気の料金が上がったことが関係しています。
特に災害時の停電は、TVやインターネットが使えず情報不足に陥ったことや、暖をとれずに命が危険に晒されたことで、重要性が高まったでしょう。
そこで、多くの人が検討したのが自家発電です。
自家発電の中でも太陽の光で発電し、蓄電できる太陽光発電の需要が大きく伸びました。
国や地方も太陽光発電を後押しし、補助金の制度や余剰電力を電力会社が買取ってくれるというシステムまでできました。
しかし、価格が決して安いものではなく簡単に導入できるものではありません。
そこで、役に立つのが、実際に取り入れた人の経験を知ることができる口コミサイトです。
口コミサイトには、どのメーカーが親切でアフターフォローも充実いているかなど率直な意見が書き込まれています。
一つの判断材料にしても良いでしょう。